ひとつ飛ばし恋愛V 内容レビュー

こちらの記事で、ひとつ飛ばし恋愛V 初回限定版の開封レビューを行いましたが、ゲーム本編を全クリしたので、内容レビューを行おうと思います。

ひとつ飛ばし恋愛V_3

※ストーリーの核心に大きくせまるネタバレはしていませんが、閲覧は自己責任でお願いします。

概要

作品名:ひとつ飛ばし恋愛V
ブランド:加賀クリエイト [原作: ASa Project (PC)]
公式サイト:http://www.kaga-create.co.jp/hitotsutobashiV/
ハード・ジャンル:PlayStation Vita / 恋愛ADV (CERO: D)
発売日:2015/01/29
END数:6

初回限定版の開封レビューはこちら↓
ひとつ飛ばし恋愛V 初回限定版 開封レビュー | AniSuke.NET


ひとつ飛ばし恋愛V (初回限定版) (特典「特製クリアスタンド」「マイクロファイバー巾着袋」「マイクロファイバークロス」 同梱)


ひとつ飛ばし恋愛V (通常版)

2015-02-21-223327

総プレイ時間:約26時間 (共通5h -> 碧里√3.5h -> りさ√3h -> 夏芽√3h -> 桜√3.5h -> いくる√4h -> 明日葉√4h) (※プレイ時間はおおよその目安です)

レビュー

※評価について・・・S>>A>B>C>Dというランクでそれぞれ必要に応じて+-を付ける

各キャラルート

概観

原作PC版の碧里√・りさ√・ 夏芽√・桜√に加えて、新ヒロインのいくる√・明日葉√の計6つのルートがあります。学園祭でのイベント選択肢1つのみでルートが決定しているように思われます。他の箇所で出現する選択肢は、CG回収及び選んでも関係のない選択肢のいずれかとなります。攻略順はどれからやっても問題ないでしょう。

ひとつ飛ばし恋愛V_1 (1)

なお、「ひとつ飛ばし恋愛」という名の通り、身内の友達(普通はヒロインであるはず人の友達)がメインヒロインとなっていますが、実は身内の方にも焦点が多少当てられている箇所もあり、なかなか楽しめる内容となっていました。詳しくは以下ヒロイン別レビューにて。

園原 碧里  評価:A+

ひとつ飛ばし恋愛V (1)

妹(紅)の友達という関係から始まります。つまり後輩との恋愛となるのですが、これに紅が少なからず絡んできます。碧里と自分の兄を見ているうちに自分の兄への気持ちに気づく紅。そして・・・といったふうに話が進みます。このルートでは特に、(本来のギャルゲーではメインヒロインであるはずポジションの)準ヒロインにもスポットが当てられており、妹(紅)に興味のある人もかなり楽しめると思いました。

寿 りさ  評価:A+

ひとつ飛ばし恋愛V_2

今作のギャグヒロイン。共通ルートでの暴れっぷりはなかなかで、かなり笑わせてもらいました。個別ルートでもギャグはありましたが、デレた時のギャップがかなり大きく、キュンとくるものがありました。

↓ りさの顔ネタw

ひとつ飛ばし恋愛V のコピー

 

蒼木 夏芽  評価:A

ひとつ飛ばし恋愛V_1

姉(メグ)の友達。この姉がなかなか厄介で、助けてくれていると思いきや、ちょっかいを出してきたりします。メグと夏芽の友情関係もしっかり描かれています。ただ、エンディングで夏芽は少し不機嫌です。その理由は・・・もちろんメグのせいです。

玉森 桜  評価:A

ひとつ飛ばし恋愛V (2)

幼馴染(千乃)の友達。千乃のことばかり考えているちょっとアレな子です。千乃一直線だった彼女が主人公に心傾くまでの過程に注目です。でもやっぱり千乃のことは主人公並みに一番みたい・・・

神木 いくる  評価:A

ひとつ飛ばし恋愛V_1

主人公に猛烈なアタックを仕掛けてくる、主人公の先生の娘。新ヒロインです。ぶりっ子な性格のため、主人公には最初敬遠されていましたが、姉の明日葉の協力と自分の本当の気持ちと向き合っていくことで主人公と付き合うことになります。主人公と付き合っていくことで、複雑な家庭環境が原因でなってしまったぶりっ子な性格を改善し、成長していく姿が微笑ましかったです。

神木 明日葉  評価:A+

ひとつ飛ばし恋愛V (3)

主人公の先生の娘。いくるの姉です。こちらも新ヒロインとなります。いくるの主人公への恋を応援する立場であったのにも関わらず、主人公を好きになってしまったことで葛藤する姿が可愛かったです。もちろん、交際中の恥じらいも最高でした。また、家族を思いやる姉妹も描かれておりほっこりしました。

各システム

シナリオ全体 評価:A+

読みやすく、テンポよく進めることができました。また、”ひとつ飛ばし” というなかなかない切り口でありながら、ちゃんとその設定を活かしており良かったと思います。

絵・イラスト・キャラクター 評価:S

文句のつけようがありません。’非常に’濃いキャラクターが多いのも印象的でした。

音楽・BGM・キャスト 評価:A-

普通に全体的に良い感じだと思いますが、音質が少し悪いような気がします。

ギャグ  評価:S+

ギャグゲーと呼ばれているほど、このゲームはギャグが面白いです。普通のギャルゲーでは絶対言わないようなことをヒロインが平気でいいますし、ヒロインとは思えない発言&顔芸をします(特にりさ)。自分は体験版もプレイして、ギャグの面白さで購入したほどです。

システム 評価:A

特に不満はありません。クイックジャンプ機能もありやりやすかったです。ただ、セーブに少し時間がかかるのが気になりました。

総評

評価:A+

ひとつ飛ばし恋愛V

ギャグ満載で、コンセプトも独特なゲームです。体験版をプレイして自分に合うと思ったら購入すると良いと思います。個人的には満足できたゲームでした。おそらく、このブランドの次回作も購入すると思います。前作の恋愛0キロメートルもプレイ予定です。


ひとつ飛ばし恋愛V (初回限定版) (特典「特製クリアスタンド」「マイクロファイバー巾着袋」「マイクロファイバークロス」 同梱)


ひとつ飛ばし恋愛V (通常版)


恋愛0キロメートルV

ひとつ飛ばし恋愛V 内容レビュー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ひとつ飛ばし恋愛V 初回限定版 開封レビュー | AniSuke.NET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*