Charlotte Blu-ray 1 (完全生産限定版) レビュー

先日発売された、Charlotte(シャーロット)のBlu-ray第1巻(完全生産限定版)が届き、ひと通り内容を確認したのでレビューしようと思います。

DSC_0225

概要

収録時間:本編49min+映像特典
仕様:1080p High-Def(一部1080i)/16:9
音声:1.本編(リニアPCM/ステレオ)・2.キャラクターコメンタリー(リニアPCM/ステレオ)
収録話数:第1話-第2話

商品仕様:キャラクター原案 Na-Ga 描き下ろし三方背BOX・キャラクターデザイン 関口可奈味 描き下ろしデジパック仕様
映像特典:放送直前特番!「Charlotte(シャーロット)」~新たな“運命”の始まり~・第一話web予告・第ニ話web予告
音声特典:麻枝 准 書き下ろしキャラクターコメンタリー [第一話 友利奈緒、高城丈士朗 / 第二話 友利奈緒、高城丈士朗、有働]
封入特典:特典CD(麻枝 准 書き下ろしドラマCD) / 麻枝 准 執筆 脚本集 vol.1(第1話&第2話のオリジナル版収録) / OP&ED楽曲譜面掲載ブックレット


Charlotte(シャーロット) 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

レビュー

パッケージ外観は以下のようになっています。左のキャラクター原案 Na-Ga氏 描き下ろし がパッケージ前面部、キャラクターデザイン 関口可奈味氏 描き下ろし にBlu-rayとドラマCDが入っています。

DSC_0223

動きのある本編1話と2話をBlu-rayで見ると迫力があって良いですね。特に髙城が有宇を捕まえるシーンはとても見応えありました。オーディオコメンタリーもテンション高くて面白かったです。ただ、AngelBeats!のオーディオコメンタリーと比べるとそこまでぶっ飛んでいません。そもそもAB!と違ってCharlotteは主要登場キャラクター数は少ないですから、キャラいじりがしにくいのかもしれません。

ドラマCDに関しては、完全にネタに走っていてなかなかおもしろかったです。「こんな能力者はイヤだ!」というタイトルで、これまで保護してきた能力者のデータをまとめているうちに当時のことを思い出すという内容です。登場する能力者がどれもぶっ飛んでいて笑わせられました。

内容はBlu-rayとドラマCDの他に、麻枝 准 執筆 脚本集 vol.1(第1話&第2話のオリジナル版収録) / OP&ED楽曲譜面掲載ブックレット が入っています。

DSC_0222

麻枝 准 執筆 脚本集 vol.1は、アニメ本編のオリジナル版原稿がメインで収録されており、解説も入っています。実際の本編で削られた部分も盛り込まれているので違いを楽しめます。OP&ED楽曲譜面掲載ブックレットは、OPとEDを自分で演奏したい方にぴったりでしょう。自分も参考にしたいと思います。

総評

総じて「良い」出来だと思います。パッケージ構成も丁寧ですし特典も申し分ありません。一つ言わせてもらうとすれば、オーディオコメンタリーはもっとぶっ飛んでいても良いんですよ?ということです(笑)。また、麻枝 准 執筆 脚本集 vol.1がパッケージの外についており、パッケージ内に収納できない点も地味に残念でした。次巻にも期待しています。


Charlotte(シャーロット) 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*