9-nine- ここのつここのかここのいろ [感想]

ぱれっとの新短編シリーズ「9-nine-」、あと約一ヶ月後(2018/04/27)に2作目が発売されるのですが、まだ1作目である「9-nine- ここのつここのかここのいろ」を購入していたものの、積みゲー化していたので、先日プレイしましたので感想をまとめておきます。後半ネタバレありです。

概要

作品名:9-nine- ここのつここのかここのいろ
ブランド:ぱれっと
ハード/ジャンル:PC (18禁) / 恋愛ADV (短編シリーズ)
発売日:2017/04/28
END数:2 (BAD: 1 + TRUE: 1)

ぱれっとが昨年にリリースした新短編シリーズ「9-nine-」の第1作目です。お値段が安い代わりに、シナリオは1ヒロイン分のみとなり、各作ごとに1ヒロインずつ攻略していくことになります。1作目は九條都ちゃんです。可愛い^^

ちなみに、2作目「9-nine-そらいろそらうたそらのおと」は2018/04/27発売です(もちろん予約済)。

最近、多くのメーカーがプルプライス型ではなく、ロープライスで短編型の製品をリリースしていますよね。有名なのは、フロントウイングのグリザイアファントムトリガーシリーズでしょうか(私もプレイしていますがこのレビュー記事書けてないなぁ。次回作から書こう)。その他有名ブランドもそれに追従している印象があります。ロープライスな製品にグッズをつけたセット販売もされていますね(上手い商売ですなぁ…)。まあ、自分はこの方向性は悪くないと思いますよ。特に時間のない人にとっては、手頃な値段で手軽にプレイできる短編スタイルの方がやりやすいでしょうし。

ということで、早速、感想を述べていこうかなと思います(以下ネタバレ有り)。

感想

全体のあらすじとしては、主人公の住む街にある神社に祀られていた神器が地震によって破損したことで、異世界とのゲートが開き、そこから異能を生み出すアイテム(的なもの)が流出し、それを手に入れた一部の人間が暴走し事件を起こします。今回は学校で起きた火事の件と、石化の事件ですね。火事の件は原因となった人が死亡しアイテムを回収したので問題なかったのですが、石化の事件は犯人を特定できないため、犯人を追っていく・・・という感じです。

ちなみに都の能力は、「所有権を奪う能力(返すこともできる)」。奪われた方はそれが自分のものだったという記憶自体を失う。所有権を返された際には記憶も戻る。

1周目は強制的にBAD ENDに入ります。2周目から選択肢が出現し、TRUE END(都END)に入れるようになります。短編型だからといって完全に油断していた(笑)・・・

1周目では、ソフィから主人公に、都が無意識のうちに人を殺していたこと(学校での火事の件)を明かされ、希亜に無実を証明するために都が主人公に対して能力を使った(主人公の記憶の所有権を奪い記憶を覗いた)際に、その事実を知ってしまったことで混乱し、暴走します。その結果、一人で犯人に立ち向かい石にされてしまうという展開。辛すぎる・・・

ていうか、ソフィの野郎、まるできゅう◯え並に真実明かさねぇな・・・

2周目で、1周目のBAD ENDが別の世界枝(線)上で起こったことであることが明かされ(シュ◯ゲ感…)、1周目のBAD ENDは必要なプロセスであったことが伺えます(あれ、これなんてシュ◯ゲ?)。

2週目において適切な選択肢を選んでいくと、都との親密度が高まり、ソフィが主人公に真実(都が火事の事件の際に無意識のうちに人を殺していたこと)を明かす直前に、都からメッセージが届くことで、話が打ち切りとなり、例の事実を主人公が聞くことがなくなります。よって、都が主人公の記憶を覗いた際にその事実はもちろん知られることはなく、今度は主人公の都に対する思いが伝わってしまいます。そして都ENDへと向かいます。あぁ~都可愛いっすねぇ~^^

で、イチャコラタ~イム。HシーンがアニメーションなのGOODですw!シーン回数は計3回くらい。何が面白いかって、都の能力を使って(所有権を奪う際にそれが都の手に移動するいわゆる瞬間移動の性質を利用し)中に出された精液を外に出すことによって、中出しし放題な環境を実現していること。最高かよ!!

さて(冷静)、そして協力して再び犯人を追っていくわけですが、容疑者が遺書(自分の意思に関わらず能力が暴走してしまったことによって事件が起きてしまい自責の念に駆られているという旨の内容)を残して自分自身の能力を使って自殺してしまいます。しかし、異能力アイテムはなく別の人の手に渡った模様。(そもそも本当に自殺なのかどうかも怪しい…)

とりあえず、それからしばらくの間、再び石化の事件が起こることもなく、不穏な空気を醸し出しつつ次回作へと続いていきます・・・

最低でも2周する必要のある仕様のためか、短編型にしては思っていたよりもやりごたえがあったように思います。まあ、春風の二重(三重)人格疑惑や主人公の不明な能力を始め、まだ回収されていない伏線は多くあるので、次作でどういう展開になるのか楽しみですね。END後にHシーンからのその後の不穏な終わり方から、次作以降も楽しめそうです。次回は妹の天ちゃんですからね!これは期待です!(何に?) (ていうか天ちゃんの私服の露出度、異常に高いよね…)

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*